忍者ブログ
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア



日商簿記一級まであと
プロフィール
HN:
DQN
性別:
男性
職業:
フリーター
自己紹介:


俺は三十代前半のフリーター。



(↑の画像は26歳の頃なので、今はだいぶ違う。)



最終学歴は中卒。
長いこと東京でフリーターをやってきた。


現在は地元に戻り、相変わらずフリーター


酒と煙草は16から始めたが煙草は26で止めた、酒は今でも大好きだよ。


持っている資格は日商簿記3級+2級。
普通運転免許は持ってない。あるのは27歳で取った原付免許だ。


----------------------




これまでの、そして今後のスケジュール


--2006年--



2月 簿記2級を受験するも大敗。敗因は当然「勉強不足」


4月 クレアールの簿記一級DVD通信講座を受け始める



11月 簿記1、2級受験 
(合格狙い)
*1級不合格、2級合格



--2007年--



税理士簿財受験
(合格狙い)*断念


短答式試験受験
(試し受験)*断念


11月簿記1級リベンジ*失敗


バイトかけもち、普通運転免許、高卒認定試験取得の準備と実行


--2008年--



会計士受験本番*断念

6月 
日商1級三度目の挑戦
*また…おち…た






カウンター
アクセス解析
忍者ブログ | [PR]
Skin By TABLE ENOCH
中卒の三十代DQNが公認会計士試験に挑戦。
[PR] 2018.10.18 12:07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とりあえず 2010.12.26 02:05
だいぶ更新が滞ってしまいました。

とりあえず現状の報告だけしておきます。
縁あって税理士事務所へ就職することができましたが
2年で退職し、今は全く異業種で自営業をしています。

会計士、税理士は私には無理でしたが、後悔はしていません。

というのも目指した理由の一つが「低資本で開業できること」だったのですが、現在の仕事もそれが可能であったため、私にとって究極の目標である独立開業を優先し、会計士、税理士は断念いたしました。
今は自営業ですので、試験勉強や事務所で学んだ知識も活かせますし、何よりDQNの私がビジネスマナーを学べたことが非常に役に立っております。

また時間を見つけて現状について書き込みしますが、今は本当に毎日楽しく、充実しており、また収入も事務所時代とは比較にならないほど増えました。

私は脱落してしまいましたが、会計士を目指したことで、今の幸せがあると思っています。

今現在、会計士を目指している方は、まずは合格することですが、駄目だったとしてもきっと何かしら良い結果になるでしょう。
頑張ってください。
PR
とりあえず日商1級さえ取れば
1級さえ取れば道は開けるんだ…

そして俺が現実的に考えられる、現時点での目標もそこにある。

会計士を目指す。
とても高く険しい目標であり、目指すことは有意義なこと。

でもダメなんだ。
俺には非現実的すぎて、ペースを乱してしまう。
自分を過大評価しすぎて、プレッシャーに押しつぶされてしまう。
合格を悲願とするならば、ペースも何もない、がむしゃらにやるべきだろうが、俺の目的は自分の限界(可能性)を上げたいということ。

背伸びしすぎた結果どうなるか、最近思い知ることができた。
もちろん、諦めるわけじゃないが、とにかく生まれてこのかた、コツコツ積み重ねることは何もしてこなかった俺だ。
また一歩ずつ進むことから始めなおそう

1級を取れば、俺の暮らしているド田舎の環境ならば、道は開けるだろう。

税理士事務所にでも就職できれば最高だね
当面の目標はそこに置く。
そして就職後に生涯目標として改めて会計士、税理士試験を見据えよう。

ダメ人間 2006.10.25 19:51
明日から明日からと言い続けて三日目
数学かぁ 2006.10.17 10:21
初コメがついてました。

俺のブログにコメントがつくとしても
おおかた「中卒って生きてて恥ずかしくないの?」系の
ものだろうと期待せずにタカをくくってたんですが、ごくまともなコメがついていたのには驚きました。

コメをくれたろっちさんによると
どうやら今後は更に数学の知識が必要になるらしい。

微分積分なんかは見たことも聞いたことも無い俺だから
こりゃ相当苦労することになるんだろうなぁ…。

実のところ、就職するまでには高卒認定試験を受けておきたいとも考えていて、少なからず数学や英語も勉強するつもりはあったんですが、微分積分までやることになるとは正直思ってませんでした。



何年か前に、数学コンプレックスから
つい買ってしまったものの、お蔵入りしていた参考書たち。
いよいよこいつらのお世話になる時が来るのか


sugaku




ところで数学と言えば、選択科目の統計学はモロに数学的な内容らしい。

これは逆に言えば、会計士講座の中で数学の授業が受けられるとも考えられるわけで、中卒の俺としては受けてみたかった…
とはいえ、俺が手を出すのはあまりにもリスクとハードルが高すぎるので、無難に経営にしときます(だが経営学でも数学の知識が必要になるというオチw)

スタンダードと異端 2006.10.07 00:59
俺にとっての一般的な会計士受験生のイメージ。

○ 凄い、もしくは、そこそこ凄い大学の出身
○ 都市部で専門学校へ通学
○ 専門学校は大手

俺はこの三つの条件を見事に外れてるな
中卒だし、住んでるのは専門学校も無いド田舎だし、通信で利用してる専門学校はクレアールだしね
  

正直なとこ、専門学校選びだけは微妙だったな
家と図書館 2006.10.06 00:07
これまでは基本的に図書館の自習室を利用してきた。

理由は簡単、家じゃ遊んでしまうから。
だが図書館が休みだったりすると
勉強しない日ができちまう。

これじゃあんまり情けねえので、部屋を自習室状態に
改善した。
遊び道具としてはPCしか無かった部屋なので、PCを封印して
PC机を教材置き場にしたら、それだけで誘惑の無い部屋になる。

いつかは、いつかはと考えつつ、なかなか実行に移すことが出来なかったわけだが、とうとうやってしまったという感じか。

さすがに勉強時間は増えるだろうが、ストレスも増えそうだな

まぁそんなことゆっても仕方ない、生みの苦しみってとこか。

ちなみにブログの更新に関しては、液晶が半分壊れて映らない非力なサブノートを接続して行っている。
封印 2006.10.05 00:00
ここのとこ、家に篭ってたんだけど
自分でもびっくりするぐらい、勉強してなかった。

あんまりヒドイんで、昨日メインのPC封印した。
それで今は液晶が半分壊れているサブノートから書き込みしている。

ホントはこのノートもめったにネットに繋がないつもりだったんだがね…

いきなり理想を追求しても、DQNな俺に達成できるわけもない
一歩ずついこうや。
結果が欲しい 2006.09.01 21:53
いい加減に生きてきたツケか。

30をも超えたのに、何一つ結果を出せていない自分が
惨めに思えてくるようになった。

「根拠の無い自信。」
ずっとこれにすがって生きてきてた

現実を受け止めるには、弱い俺には過酷過ぎたんだ。

その自信が、もうすがることもできないほどに小さくなってしまった。

青い鳥ってやつかな。
うーむ。

マイナス思考というか、ネガティブシンキングなどしていられる年頃では無いと思うが、少し凹んでいるかもしれない。

ここのとこ勉強は全くしていないが、実はつい先日までは満足感すら感じてた。

それは十代の頃から尊敬している先輩に少し認めてもらえたことで充実感を感じた為であった。

俺は以前音楽をやっていた、その頃に世話になった先輩とふたたび毎日のように演らさせてもらって、昔のように楽しめたのが嬉しかった。
少しだけでも、誰かに必要とされたのがたまらなく嬉しかった。

そのせいもあって社会活動への意欲が高まっていた。

会計士を目指すのではなく、いっそ日商1級を取ったら即働こうかとも考え始めていたくらいだ。

だが、しばらく先輩と共に時間を過ごした俺は、あろうことか十代の頃の自分に戻ってしまっていたようだ。

まだまだ何も成長していない自分を見透かされ、惨めになった俺は酒が入っていたこともあり泣いた。

やっぱり俺が俺自身を本当に認められるようになるためには
会計士、またはそれに匹敵するような人物になるしかないのか。

そして痛感したことは、やっぱり俺は人に認めてもらいたくて、認めてもらえて初めて自分らしく生きれるようになると思っているということ。
簡単に否定されないだけの結果が欲しい。

それが良いのか悪いのか、それはわからないが、それが一番しっくりくるんだということだね。

自己紹介 2006.07.02 22:36
はてな(http://www.hatena.ne.jp/)によると、ドキュン(DQN)とは

①.自分や家族、もしくは友人などと一緒にTV番組「目撃!ドキュン」に出演し、何の疑問もなく国民に対して醜態を好んでさらす人種、一般的に低所得者階層に限って広く見られる現象。

②.低学歴で、第一次産業・第二次産業に多く従事すること。また、その人。

③.侮蔑の意味。斜に構えて世の中を見る。また、そういう人。

とのこと。



○ドキュンの特徴

外見・・・茶又は金髪、前歯差し歯(トルエンで失う)           
学歴・・・中卒又は高校中退、専門校終了。大学進学率 0.000000025%     

職業・・・(男)大工、ライン工、左官、土方など肉体労働に多く従事。

      (女)水商売、風俗、主婦など。