忍者ブログ
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア



日商簿記一級まであと
プロフィール
HN:
DQN
性別:
男性
職業:
フリーター
自己紹介:


俺は三十代前半のフリーター。



(↑の画像は26歳の頃なので、今はだいぶ違う。)



最終学歴は中卒。
長いこと東京でフリーターをやってきた。


現在は地元に戻り、相変わらずフリーター


酒と煙草は16から始めたが煙草は26で止めた、酒は今でも大好きだよ。


持っている資格は日商簿記3級+2級。
普通運転免許は持ってない。あるのは27歳で取った原付免許だ。


----------------------




これまでの、そして今後のスケジュール


--2006年--



2月 簿記2級を受験するも大敗。敗因は当然「勉強不足」


4月 クレアールの簿記一級DVD通信講座を受け始める



11月 簿記1、2級受験 
(合格狙い)
*1級不合格、2級合格



--2007年--



税理士簿財受験
(合格狙い)*断念


短答式試験受験
(試し受験)*断念


11月簿記1級リベンジ*失敗


バイトかけもち、普通運転免許、高卒認定試験取得の準備と実行


--2008年--



会計士受験本番*断念

6月 
日商1級三度目の挑戦
*また…おち…た






カウンター
アクセス解析
忍者ブログ | [PR]
Skin By TABLE ENOCH
中卒の三十代DQNが公認会計士試験に挑戦。
[PR] 2020.04.08 11:03
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はくだらない昔話を書いてみよう。

俺は何年もフリーター生活をしていたこともあって
職場を転々としていたんだけど
これは僅か三日で逃げ出してしまうことになった職場での体験。

その頃、21歳の俺は生活費が底をつきかけていて、とにかくすぐに金が欲しかった。

だが日払いの肉体労働は高確率でヒドイ目に合うことが多かった経験から、出来れば避けたいという思いもあり、
「他に良いバイトねーかなぁ…」と探していたところ、歌舞伎町のパブがウエイターを募集している記事を見つけた。

条件は、そこそこの日給に加え、日払いOK!の文字。
文句無し!ってことで、当面はそこで働いて飢えをしのぐことに決めた。


その日の夕方、
面接は歌舞伎町にあるマンションの一室で行われた。

面接を受けるために来ていたのは、俺の他にも大学生風の女性がいて、その人から声を掛けられた。
「お店の方ですか?」「いや、面接受けに来たんですよ」「そうなんですか、同じ店で働けるといいですね」ってな具合に。

先に俺が面接を終え、帰ろうとすると再び声を掛けられた。
「これからよろしくお願いします^^」的なことだったと思うが、清楚な感じの印象だったので、きっと素直な良い子なんだろうな~と思った記憶がある。

そんなわけで、こりゃ良いバイトを見つけたかもなぁとほくそえんでいた俺だったが、その店で俺が見たものとは…



歌舞伎町
画像と本文とは一切関係(ry



事の起こりはこう。
まず、系列のパブで客が泥酔させられるor泥酔する。

そして、その客が帰る頃合になると、俺が働くパブへ連絡が入り、マネージャーや他の店員がその店へ向かう(これは後で気付いたことだが)。

そこで偶然通りかかったふうを装い、泥酔して右も左もわからなくなった客をたらしこみ、店へと連れてくる。

その客は席へ案内され、ビールを一本注文した後、しばらく放置される。
するとたいていの客は寝てしまう。

どうするのかと見ていると、
40分ほど経った頃、寝てしまった客の席へボトルが出され、女の子が付き、寝た客を膝枕しつつぼ~っとしてたり、他の女の子とだべってたりという状況。
もちろんその間も、客は寝続けている。

俺としてはボトルを頼んで寝てしまった客がいるというだけで、とくに疑問も抱かずに仕事をしていたわけだが、しばらくすると客が起こされ、レジへと向かった。

実はこの店では、客が会計を済ませる際に、ウエイターがホール側へ向かって横に一列に並ぶという決まりごとがあった。

その為、俺もレジの近くで立っていたんだが
後ろから聞こえてくるやり取りが妙だ。

客「頼んだ覚えが無い」
店「膝枕してもらって、上機嫌だったのに、忘れたんですか?」
客「少し休んでいくだけと言ったじゃないか」
店「とにかく頼んだ分は払ってくれ」
客「お金はこれだけしかない」
店「名詞と免許証出せ」

といった具合。

なんだかなぁ、とは思っていたものの
とりあえずその時点では店を辞めるほどでもないかと考えていた。


疲れたので
明日へ続く…。

本日の勉強時間
合計6時間
PR


Comments
Comment Form
Name

Subject

Mail

Web

Pass
Comment


Trackbacks
Trackback address :